FC2ブログ

空曜日

今日のシアワセ、見つけョ!

珍客到来  

5月初めの、ある休日のこと。
我が家の坪庭で、今年も春型の「ジャコウアゲハ」が発生し、
観察の為、ふと空を見上げると、白っぽい蝶?・・・が
ファ~ファ~と・・・優雅に飛んでました。
085_20180615162938c35.jpg





072_20180615162454f17.jpg

一瞬「蛾」の一種かなと思ったのですが、
異常に後ろ羽の突起が長い・・・。
ウッ~ン・・・「蛾」ではない「蝶」だ!
それに、今まで観たことが無い種類だ!

部屋に駆け込み、カメラを取り出し撮影・・・。







099_201806151625277c8.jpg
早速、図鑑で調べてみると「ホソオチョウ」とあった。
幼虫の食草はジャコウアゲハと同じ
「ウマノスズクサ」
1978年、東京で初めて観察される迄
日本国内には生息していない「外来種」でした。
(だれかが、故意に放蝶したのではないかとの事です)

もともと日本にはいなく、朝鮮半島南部端まで分布している
「ウスバアゲハ亜科」のギフチョウに似た
30mm位の大きさの蝶です。










030_20180615163013cfd.jpg
なんと、ジャコウアゲハの幼虫が食べている新芽に産卵。
「ウマノスズクサ」を食べるジャコウアゲハの「競合」です。






031_2018061516305334b.jpg
「ウマノスズクサ」をくまなく観察してみると
葉裏に「蛾」のように、多くの卵を産み付けているのが解ります。
さすがの「髭ジィ」も思わず、気持ち悪い・・・・・ッ。




028_201806151630360d8.jpg
ある葉裏にはすでに大きく成長し、群生した「幼虫」も
見られました。
(ギフチョウの幼虫に似ています)

このままでは「ジャコウアゲハ」の危機です・・・。

しかし何処から飛来してきたのでしょう。

余り遠くまで飛べない、飛揚力の弱い蝶です。

ネットで、東京近辺の発生地を調べてみると
「髭ジィ」の住まいから、一番近場の発生地は
ジャコウアゲハも生息している「狭山丘陵」でした。
風の強い日に、飛ばされてきたのでしょうか?

ともあれ、せっかく幼虫まで観察できたので、
少し様子を見ることにしました。
















051_201806151632168f4.jpg
数週間後の早朝、オスの「ホソオチョウ」が
羽化していました。
(蝶の多くは最初「オス」が羽化します)
又、一番上のホソオチョウのお尻の先に
こげ茶色の「蛹」が数個観られます。




004_20180615163258b9c.jpg















009_20180615163319eeb.jpg
数日後「メス」が羽化。










013_201806151633425cb.jpg












014_201806151633587f1.jpg












025_20180615163508295.jpg












021_2018061516344973b.jpg












036_20180615163529a74.jpg












050_20180615163643d71.jpg
「ギフチョウ」に似て、とても優雅です。

しかし、日本国内では「外来種」のため
「駆除」の対象です・・・。






















037_20180615163656a42.jpg
日本古来の我が家の
「ジャコウアゲハ」を守る為・・・

少しかわいそうでしたが夏型二期目の
「ホソオチョウ」の卵は総て駆除しました

又、いつの日か、再会できるかな・・・。



スポンサーサイト



category: 日々のこと

tb: 0   cm: 4