FC2ブログ

空曜日

今日のシアワセ、見つけョ!

鎌倉周辺の神社仏閣巡り  

2月7日(土)は知人と長瀞アルプスから「宝登山」の
ロウバイを観に行こうと決めていたのですが
2月5日(木)に雪が降り「山」は無理であろうと
急遽、鎌倉周辺の「神社仏閣」巡りに変更しました。



20150210-132335.jpg
JR池袋から「湘南新宿ライン」で「北鎌倉」で下車。
途中「神社仏閣」等を散策しながら化粧坂切り通しを経て
「鎌倉」へ出るコースとしました。



010_201502111259178f4.jpg
踏切を渡って、まず「東慶寺」へと向かいます。
「東慶寺」は「縁切寺」として女性の味方です。



012_20150211125951cf5.jpg
「鎌倉」特有の風景の中「東慶寺」へと進みます。



016_20150211130149218.jpg
門前の長い石段を登ります。



017_20150211130329378.jpg
登りきった所で「拝観料」を納め。

040_20150211130238713.jpg
入った所の「案内板」



021_20150211130405f53.jpg
「鐘楼」の屋根は茅葺き作り。



026_20150211130439732.jpg
この門をくぐって本堂へ向かいます。



028_201502111305119bf.jpg
本堂に安置されているご本尊「釈迦如来座像」
「東慶寺」は現代と違って、女性の側から離婚を
切り出すことができなかった時代、このお寺で一定期間
修業を行えば、離婚ができたということです。
又「駆け込み寺」として女性の味方でもあるのです。



046_2015021113064858c.jpg
次のお寺散策は「浄智寺」



044_201502111306165ca.jpg
「浄智寺」に向かう途中ロウバイの花が咲いていました。



047_20150211130721709.jpg
山奥にでもあるような佇まい「浄智寺」の総門です。

049_2015021113075927b.jpg
「東慶寺」と同じデザインの案内板。



050_20150211130844bba.jpg
参道の長い石段を登って行くと山門が見えてきます。



053_201502111309186bf.jpg
境内にある中国式の山門「鐘楼門」
二層になっており上層には「鐘」が吊り下げられています。



054_20150211130947042.jpg
仏殿・書院です。



056_2015021113103198e.jpg
内には、三世仏といい「過去・現在・未来」を象徴している
室町時代の三体の仏像「阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来」の
彩色された木像が安置されています。



060_2015021113174939d.jpg
庭に回ると竹林の向こうに、やぐら「横穴墳墓」が見えます。

066_20150211131929c69.jpg

065.jpg
当初は住まい?として、のちに墓として利用されていたようですが
大正時代から昭和初期は薪や炭の置き場になっいていたそうです。



063_20150211131824c31.jpg
このような跡も残っています。



071_2015021113203378d.jpg
ここに安置されている「布袋尊」のお腹をなでると
「元気」をもらえるそうです。


074.jpg
お腹をなでた後、頭もナデナデ。



075.jpg
黒光りしている分だけ
「元気」を分けてあげているようですネ。



077_20150211132322434.jpg
山門(鐘楼門)を後に次の目的地へ。



080_2015021113235023b.jpg

081_201502111324198a0.jpg
いきなり急な登り。



082_20150211132446c5f.jpg
このような荒れた山道が続きます。



084.jpg
道標です。
「葛原岡神社」方面へ下りましょう。



085_20150211132628397.jpg
縁結びのご利益がある恋の神様「葛原岡神社」へ着きました。
離婚して再婚したい人は、最初にお参りした
縁切寺である「東慶寺」で縁を切って
縁結びの神様がいらっしゃる「葛原岡神社」にお参りすれば
総べてがうまくいきそうではありませんか?


087_20150211132703ca9.jpg
「縁結び石」です。
「葛原岡神社」は縁結びだけではありません
「開運の神様」「学問の神様」として
今でも広く人気があるそうですョ。



089_20150211132738a81.jpg
歩きっぱなしだったので、お腹が空いてきましたネ。


091_2015021113281073a.jpg
ここで軽くランチタイム。


093_2015021113283993a.jpg
歩いた後はなんでも美味しい・・・
食後のデザートに、とびっきり甘い「ミカン」を頂きました。
少し休憩をはさみ「銭洗弁天」へと向かいます。



096_201502111329120ac.jpg
「銭洗弁天」の入り口です。



098_201502111329463f1.jpg
この鳥居をくぐり岩を刳り抜いた暗い横穴を進みます。

099_20150211133016a95.jpg
中はこんな感じ、出口が見えます。



100_20150211133045810.jpg
さらに林立する鳥居をくぐります。


107_20150211133212e11.jpg
鳥居をくぐり抜けると。


108.jpg
奥の洞窟の中が「お金」を洗う場所です。


103.jpg
ザルにお金を入れて「霊水」で洗うと何倍にも増えて帰ってくるとか
お札を洗い、お線香の熱で乾かしている人も何人かいましたョ。



114_2015021113331571e.jpg
「銭洗弁天」を後にして、源氏山公園へと向かいます。



115.jpg
このような町名の所を通り「源氏山公園」へと進みます。



117_20150211133422b83.jpg
「源氏山公園」です。


118.jpg
逆光で迫力ある「源頼朝」像が迎えてくれました。



119_20150211133518e9c.jpg
次の目的地へ・・・
荒れた古道に足を取られながら下って行きます。

120.jpg
「海蔵寺」への道のりは疲れます。



121_201502111336197eb.jpg
途中、岩山にぽっかりと掘られた?
「やぐら」らしき場所がありました。

123.jpg
中を覗いてみると車庫として利用されているような
両輪の轍がありました。



146.jpg
「海蔵寺」の山門をくぐり境内に入った所です。



127_2015021113374921f.jpg
紅色の「梅」と根元には黄色の「福寿草」が咲いています。

125.jpg
「髭ジィ」はこのような自然な感じで
「福寿草」が咲いてる姿を始めて観ました・・
年末に売られている、盆栽風に梅と福寿草が
寄せ植えされた花しか観た事がありません。


128.jpg
ほんのりと香ってきそう・・・。




131.jpg
「海蔵寺」の本堂です。



135.jpg
仏殿(薬師堂)の内には薬師三尊像が安置されています。



136_201502111340179aa.jpg
真ん中が、薬師如来像で本尊です(胎内に啼薬師 を納めている)
左手に月光菩薩像、右手に日光菩薩像。



143.jpg
薬師堂裏には岩山を刳り抜いたような中に
「十六井戸」があります。
この井戸は鎌倉時代に作られ、海蔵寺は「水のお寺」とも
呼ばれていて、今でも水が湧き出ています。



144_2015021113424461d.jpg
十六井戸の奥に見えるのは「観音菩薩像」
その下に「弘法大師」を安置しています。




153.jpg
「英勝寺」にやってきました。
鎌倉で唯一現存する「尼寺」だそうです。



154_20150211134413652.jpg
「仏殿」



158.jpg
「英勝寺」には古木が何本か残っています。




159_201502111345417c3.jpg
「寿福寺」の総門です。
寿福寺は「源頼朝」の妻である
「北条政子」の墓があります。

163.jpg
「寿福寺」の案内板



164_20150211134727c57.jpg
本堂脇の古木が歴史を感じさせます。

165.jpg
どちらの古木も迫力ある佇まいです。



168_201502111349079ef.jpg
「鶴岡八幡宮」に流れてきました。
「髭ジィ」は初めてです。

169_20150211134939222.jpg



170.jpg
「大銀杏」の跡地。
神奈川県の天然記念物であると同時に
鶴岡八幡宮のシンボルであった
樹齢800年~1,000年ともいわれていた大銀杏。
平成22年3月10日に強風で根元から倒伏してから
今年の3月10日でまる5年。
大切に保護され「ひこばえ」が数メートルほどに育っていました。

171_201502111350398ec.jpg
左隣りには、かっての大銀杏が植えられ
この古木にも「ひこばえ」が出ているようでした。



173_201502111351138bf.jpg
「舞殿」ここで神前結婚式が行われています。



174.jpg
見上げるほどの「楼門」



175.jpg
土曜日とあってかなりの賑わいでした。



177.jpg
奉納された各地の樽酒、見る者を圧巻します。



182.jpg

178.jpg
今日1日、暖かな良い天気に恵まれ
楽しかった思い出と一緒に、人ごみの中、帰路に着きました。




















スポンサーサイト



category: トレッキング

tb: 0   cm: 2