FC2ブログ

空曜日

今日のシアワセ、見つけョ!

トレッキングで使用する珈琲抽出セット  

男性?たちの多くは、雑誌「グッズプレス」「モノマガ」等に象徴されるように、自分だけの
価値観で「モノ」にこだわりを持ち「鉛筆」1本にでも、多くを語れる人がいるのもです。

又「山道具」に至っては、多くの「山に通じた」著名人が雑誌・書籍等に
こだわりアイテムを熱っぽく語られている。
しかし、このような「モノ」に対するこだわりは、男性だけでは無いような気もしないではありませんが。

ということで、ビンテージおじさんこと「髭ジィ」もその例にもれず、ものごころ着いたころから
「こだわり」?を持って購入したり、いただいたり、交換したり、拾ったり、した「モノ」を時折、熱く?
語っていこうと思っています。

すでに「ザッセンハウスのコーヒーミル」の事は書きましたので、今回は1月10日(土)高尾山に
「シモバシラ」散策に出かけた折り、暫らくぶりに「ガソリンバーナー・クッカー・ケトル」
+珈琲抽出セットを担いでトレッキングしてきましたので、ついでにと言うか
「独り善がり」で揃えた珈琲道具について書いてみました。


022.jpg
左側コヨーテ色の手提げ袋に入っている「独り善がり」のモノ達です。
右側下から100円ショップで購入した、ウレタンフォームで作られているブルーのポーチには
「珈琲抽出セット+珈琲豆+ライター」が入っています。その上の黒いポーチにはオプティマス
「ガソリンバーナー8R」赤いキンチャク袋には「アルミ製角型クッカー2個」
その下が「チタン製マグカップ300ml」となりますが「チタン製ケトル」を出し忘れています。
これとは別に1食の食事の素材と、カトラリーセットを持ちます。



062_20150118161612f37.jpg
黒いメッシュのキンチャク袋に入っているのが「チタン製ケトル」
右下の角型クッカーは、ずいぶん昔ですが、蓋にわざわざメタリックグリーンの
焼き付け塗装が施してあるところが気に入って購入しました。
(アルミに、焼き付け塗装は食い付きが悪いので、剥げやすいのが欠点)
使い勝手はそこそこ、さらに肉厚があるので重い(丈夫であると言えば丈夫)。



060_2015011816245408b.jpg
「オプティマス8Rバーナー」専用ポーチの中は、若干加工してこのようになっています。
8Rバーナー本体、赤い缶にはホワイトガソリンの予備、その上がプレヒート用のアルコールです。
バーナーの上には、紺色の不燃布の「ランチョンマット」をたたんで載せています。



056_201501181625315a3.jpg
ブルーのポーチの中身です。
「携帯コーヒーミル」「ペーパードリップセット」「バーナー用ライター」「珈琲豆」



024_20150118162658fc5.jpg
この「オプティマス8R」の燃料タンクは真鍮にメッキ加工されており、チタン・アルミ等の
素材がほとんどの「クッカー・ケトル」等に色味の相性が良く「髭ジィ」は大変気に入っています。
かって、自転車ツーリングにこだわっていた頃、自転車のパーツ等は、クロームメッキパーツか
軽合金(アルマイト加工されていないパーツ)等にこだわって使用していました。
特に軽合金製のアルマイト加工されていないパーツは「ピカール」で磨くと柔らかな艶が出て好みでした。



029_20150118162818d60.jpg
「8Rバーナー」に乗っているのが、「チタン製ケトル」です、約2杯分のお湯が沸かせます。
これもずいぶん前にデザインが気に入って購入しました、確かステンレス製もありましたね。
左上に見えるチョコレート色のケースが携帯用コーヒーミル」です。



035_20150118163122c68.jpg
数年前、ネット上のアンティークショップで購入し、コレクションとして飾っていました。
*メーカー:Tramp(チェコ製)
*本体:プラスチック(ベークライト)+スチール*重量:約200g
*サイズ:W約80mm×H約120mm×D約40mmと「軽薄短小」なところと
良く切れるので、大変気に入っています。
アウトドア用コーヒーミルは、かってザッセンハウス175M
ポーレックスのコーヒーミル「ミニ」を使用していました。
「175M」は約500gと重く嵩張る「ポーレックス ミニ」も意外と重く
セラミック刃のせいかコーヒー豆を挽くというより磨り潰す感が強く
同じコーヒー豆で挽き比べましたが、味に差が出たので現在は使っていません。



039_201501181631557be.jpg
まず蓋にマグ1杯分(300ml)の珈琲豆を入れます。



041_20150118163233525.jpg
1杯分はこんな感じです。



047_20150118163314124.jpg
珈琲豆を挽くと下部に溜まります。



050_20150118163347e0e.jpg
このペーパードリッパーはステンレス製の線材で出来ていて、折りたためます。
この後、お湯を注ぎ、香りと味を楽しみます。



051_20150118163528500.jpg
使い終わったら、下部のケースに取っ手を収納し納めます。



053_20150118163603e48.jpg
こんなにコンパクト(W約80mm×H約120mm×D約40mm)
すべて愛すべく「モノ」達です。
これからもズ~ッとトレッキングの仲間として付きあって行きます。


                                            
スポンサーサイト



category: 独り善がりの道具箱

tb: 0   cm: 2

高尾山に「しもばしら」散策に行ってきました。  

1月10日(土)晴天の中、高尾山に「シモバシラ」散策に
行ってきました。



中央線「高尾」からバスに乗り「日影」まで行きます。
032_201501161553084f6.jpg


「日影」のバス停で下車、進行方向に車道を登って行きます。
034_2015011615534865c.jpg


しばらく登って行くと「林道日影線」の案内板があるところに出ます。
038_20150116155515056.jpg


案内板
040_20150116155556479.jpg


いろいろ詳しく案内されています。
043_20150116155626972.jpg


「日影沢キャンプ場」の脇を登って行きます。
ここには、かって立派なログハウスがあったそうですが
火事で消失し、今の建物に変わってしまったとの事です。
044_20150116155703091.jpg


「髭ジィ」の今年の目標の一つに、テント・寝袋等をそろえ「ソロキャンプ」をする事。
初めての「ソロキャンプ」は日影沢キャンプ場が良さそうです。
ここには、トイレ・水場・炊事場もそろっています。
047_20150116155819061.jpg


045_20150116155742614.jpg


水場がありました、飲めそうなので飲んでみましたが、特別美味しいと言う感じではありませんでした。
052_20150116155929819.jpg


高尾山頂方面の分岐点が近づいてきました。
056.jpg


ここが分岐です、左側の細い道を登って行きます。
057_20150116160127286.jpg


前に登っている人がいます「髭ジィ」と同じく
「シモバシラ」を探しているのでしょうか?
060_20150116160236680.jpg


しばらく登って行くと「シモバシラ」に関する「注意書き」がありました。
この辺に「シモバシラ」が出ているのかもしれません。
067.jpg


「髭ジィ」も必死で日影を探します。
094_201501161609331d6.jpg


でも、なかなか見つかりません。
095_2015011616100042f.jpg



「しもばしら」です。と言ってもこの「しもばしら」ではありません。
069_2015011616042276c.jpg


ありました!ありました!今日のお目当ての「シモバシラ」です。
あっちこっち、キョロキョロした甲斐がありました。
078_20150116160454c00.jpg


あっちにも、こっちにも、出ています。
081_201501161605574f3.jpg


NHKのTVニュースで得た情報ですが、ある大学教授が「シモバシラ」を研究されていて
たしか、ー5℃以上の日が4・5日続くと、シモバシラという植物の枯れた茎にある水分が凍り
髪の毛の10分の1位の繊細な氷となり、茎の裂けめから押し出されるように
10時間位かけ成長、完成するとおっしゃっていました。
148.jpg


とても繊細なガラス細工のようです。
142_201501161617331ed.jpg



083.jpg


方々歩きまわってせいで、お腹が空いてきました。
昼食ができる場所を探します。
117_20150116161347842.jpg


雪化粧の「富士山」が見える所に出ました。
写真が下手なので、解りづらいかもしれませんが、画面の真ん中あたりに白く見えています。
119.jpg


この近くに設置されている、丸太を半分に割った長椅子で昼食です。
メニューは「煮込み天ぷらうどん」出来上がるまで、ウイスキーのお湯割りを
飲みながら待ちます。結局ポケットウイスキーを1本空けてしまいました。
さらに、今日は時間に余裕があるのでスペシャル「珈琲タイム」を設けました。
P1010484.jpg



携帯用コーヒーミルで豆を挽き、お湯を沸かします。
130.jpg


ペーパドリップで淹れて行きます.
いい香りが辺りに満ちて、至福の時間がゆっくりと過ぎて行きます。
136_20150116161609abb.jpg


まったりとした時が過ぎていき「リフト」で下山、帰路に着きました。
150_20150116161935229.jpg
今年最初の「高尾山」トレッキングでした。
これからも季節ごとに行きたい「高尾山」ですね!
















category: トレッキング

tb: 0   cm: 2

あけまして おめでとう ございます。  

あけまして おめでとう ございます

今年もどうぞよろしくお願い致します


じつは「髭ジィ」12月31日から今年の1月2日まで酒びたりの日々をおくっておりました。

やっと、今朝がたしらふに戻り、このままでは駄目だと思い

本日1月3日近所の「八坂神社」に初詣に行ってきました。
003_20150103122803c83.jpg


今日は三が日の最後なので、初詣の人は余りいませんでした。
006_201501031228453cb.jpg


「髭ジィ」もお参りの列に並びます。
007_20150103122919f8c.jpg


ささくれた手に「125円」を握りしめ「十二分にご縁がありますように」と
欲張りなお願いをするのです。
010_20150103122948464.jpg



いよいよ「髭ジィ」の順番が近づいてきました。
019_20150103123025954.jpg


「参拝の作法」を盗み見しながら、平然と、盛りだくさんのお願いをしてきました。
023_201501031231001ca.jpg


参拝を終え「おみくじ」を引くため本堂を後にします。
025_20150103123131f97.jpg


さっ!いよいよ今年の運勢を占う「おみくじ」を引きます。
034_20150103123307335.jpg


でました!「末吉」でした。
「末吉」は初めてです、末広がりの意味があるのでしょうか?
「髭ジィ」には、もう末(未来)は余り残されていません、今しかないのです。
038_201501031234083f6.jpg



しかし「髭ジィ」も「末」に希望を託し、頑張って、今年一年しのいでいこうと、願いを結んできました。
040_2015010312343177d.jpg

今年1年、皆さまのご健康と、
ご多幸を、お祈りしております。
 

                        「髭ジィ」拝

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 1